;

新種の詐欺

メルカリの個人取引に要注意 ネット上の買い物に関するトラブル

Pocket

メルカリの個人取引は危険がいっぱい

ネット上の買い物に関する相談は相変わらず多くあります。一因となっているのはフリマアプリの台頭で、素人が簡単に商品を販売できるようになったことです。最近は高校生の出品者も増えているようです。アマゾンやヤフーオークションは出品にクレジットカードが必要ですが、メルカリなどのフリマアプリはスマホ一つで簡単に出品できます。

出品に慣れていない方は、経験者からみれば信じられないような出品をします。コンディションの説明や写真がない出品、はたまた本の題名をのせず「医学本」とだけ書いてあるような出品も見たことがあります。本の題名がなかったらどうやって検索するんでしょうか(笑)

反対にフリマアプリには購入に慣れていない客も多くいます。コンディション、出品者の評価、商品説明の確認という当たり前のことができない人が多いですね。それを逆手にとったような詐欺も横行しています。

ちょっと前に、ps4の写真を売った中学生がtwitter上で話題になっていました。ほかにもiPhoneを箱だけ売った出品、エラーコインの写真を売った出品などがありました。

 

どれも商品説明を細部まで読めば引っかからないようにできているのですが、慌てて飛びつく人を狙っています。嘘はついていない分、巧妙で悪質な詐欺ですね。

 

今回は最近耳にした巧妙な詐欺の手口を紹介します。

メルカリの販売手数料は商品代金の10パーセントです。出品者の中には高いと感じる人も多いと思います。相談者のBさんはメルカリで、そこそこ安く家電を売っている出品者を見つけ、何回かその出品者から商品を購入していました。

ある日電子辞書を購入すると、商品と一緒に手紙が入っていました。「メルカリで商品を取引すると販売手数料がかかるから個人取引をしたい。こちらのホームページから申し込むとメルカリより少し安く販売できる」という旨のメッセージでした。Bさんは個人取引が規約違反であると知りつつも、安く家電を購入できることに魅力を感じ、指定されたホームページから商品を購入しました。その業者は非常に対応もよく、商品のコンディションも良かったため、その業者をすっかり信頼していました。

ある日、Bさんはその業者から美味しい話を紹介されました。最新の相場2万円の電子辞書があるが、多く仕入れすぎてしまったためいつもお世話になっているお客様に安く譲りたい、もちろん必要なければ転売すればいいし、最新の人気商品なので確実に転売で利益が出るという話でした。Bさんはいつも通り先払いで電子辞書を購入し、転売した結果6000円の利益を出すことができました。

そんなBさんのもとに新たな美味しい話が業者から舞い込んできました。一時的に倉庫が使えなくなってしまい、大量のテレビの置き場に困っている。もしよかったらすこし安めの価格で購入して転売しないか、という話でした。テレビの細かい型番やコンディションは不明でしたが、電子辞書の転売で味をしめ、業者をすっかり信頼していたBさんはテレビ10台を60万円で購入しました。

しかし、届いたテレビはすべて中古でネットの相場は一万円程度。Bさんは1台6万円程度で購入したため、すべて売っても50万円以上の大損です。結局Bさんのもとに残ったのは大量の安い中古のテレビだけでした。業者に電話をかけてもつながらず、メルカリにも規約を破っているため相談できません。業者のほうもテレビの型番、コンディションを説明していないため、詐欺とはいいきれず、Bさんは泣き寝入りするしかありませんでした。

 

業者の手口の巧妙さはいくつかありますが、1番のポイントは電子辞書をBさんに転売させて利益を出させ、信頼させていることでしょう。業者の対応がすごくよかったのもBさんを信頼させるための餌だったのでしょう。

もしBさんがもう少しネットの買い物に慣れていたら、買う前に型番やコンディションを確認していたかもしれません。

ネットで賢く買い物をするのにも、経験や情報が必要な時代になってきました。皆さんも美味しい話に騙されないためには、インターネットで商品を買わないのではなくネットショップを適度に活用し、経験と正しい情報を手に入れることが大切なのではないでしょうか。

関連記事

  1. マッチポンプ商法とは? 掲示板を使った自作自演の詐欺
  2. 還付金詐欺の手口から対策まで1からわかりやすく説明!
  3. Twitterによるネットビジネスの勧誘の4パターン
  4. ネットカフェで使える防犯対策のまとめ
  5. 若者を蝕む「やりがい搾取脳」の恐怖と実態
  6. プロダクトローンチを駆使した与沢翼
  7. 世の中に合法的な金の稼ぎ方は7種類しかありません
  8. SNSの投稿の嘘を見抜く6つのコツ

常識のウソ

  1. ブログ
  2. やるやる詐欺
  3. クレジットマスター

新種の詐欺

RETRIPの横暴を許すな 記事がどのくらいひどいか具体的に検証

 旅行サイトは嘘ばかりという理不尽な現実知らない土地に旅行に行くときに検索エンジンを使っておすす…

ココナラは詐欺だらけ?口コミや評判を元に検証

ココナラの実態自分の得意なことを500円という低価格から売れることで注目を集め急上昇中のココナラ。誰…

専門職なら高収入は嘘 保育士の給料はなぜ上がらない

これからの時代を生きるために専門性を身に着けるだけではだめ「AIの浸透により単純労働者は駆逐され…

クレジットマスター クレジットマスターの詐欺被害はまだ止まらない 手口と対策とは

クレジットマスターとはクレジットマスターという詐欺の手口をご存知でしょうか。クレジットマスターと…

Twitterの懸賞詐欺に50回も引っ掛かってわかったこと

Twitter上の不自然な懸賞企画ある日Twitterを眺めていると、ずいぶん美味しそうな懸賞企…

RETRIPは嘘だらけ?キュレーションサイトの7つの大罪

キュレーションサイトの光と闇welqの医療に関する偽デタラメな記事が検索上位を独占していた問題が…

警察 逆ドッキリ? 騙されたふりをしたらお金を取られた笑えない話

騙されたふりをしたら逆に騙された話一週間ほど前、詐欺に騙されたふりをした高齢の女性が、本当にお金をだ…

バイナリーオプションは危険?安全?評判は?

バイナリーオプションとは大金がなくても少額から始められる投資としてバイナリーオプションが3年前頃…

「継続は力なり」が嘘になる時代が来るかもしれない

いつの時代も「継続は力なり」は変わらなかった「継続は力なり」という言葉は典型的な教訓として親や先…

非合理的 人間がいかに非合理的か実感する10の事例

人間はかなり非合理的な生き物だ人間は基本的に自分に有利になるように行動する動物と言われ、頭を使っ…

PAGE TOP