;

新種の詐欺

メルカリの現金売買規制に伴う、恐ろしい隠語詐欺

Pocket

メルカリの隠語は信用するな

メルカリで現行の紙幣を売ることが禁止されたことが大きくニュースになりました。

メルカリではクレジットカード払いが可能なため、借金返済に苦しむ人や、すぐにまとまったお金が必要な方がクレジットカードを現金化する手段としてメルカリで現金を買うことが常態化されていました。

 

今回メルカリの運営側は

「マネーロンダリングや犯罪につながる可能性がある」として、現金の売買を禁止しました。

それから二日経ちましたが、確認したところ、該当する出品はすべて削除されているようです。

 

しかし、抜け穴が多いのも今回の規制の特徴です。「現行紙幣」の販売は禁止されていますが、コレクション目当てを謳えば、旧札は販売できることになっています。現金がだめならとチャージ済みの無記名Suicaや、お札を魚の形に追った「魚のオブジェ」なども販売されています(笑)

 

おそらくこれからも新しい手法が生まれ、出品しては削除するという運営と一部会員とのいたちごっこが続くことになるでしょう。

 

しかし、インターネット上の売買サイトで、もっと厄介な存在があります。それは“隠語”の存在です。例えば、我々はよく一万円札のことを「諭吉」と言ったりしますよね。

こうした隠語の存在を悪用して、大して価値のないものに、価値があるように見せかけて高額で出品するということが存在します。

あまり大きな声では言えませんが、以前ヤフオクで、違法な薬物の隠語を語って商品を高額で売り、届いたのはただのゴミだった、なんていう話がありましたよね。

実は今回同じような詐欺が出るのではないかと思い、メルカリで検索してみました。

すると、

              

 

「諭吉、9枚、早い者勝ち」と商品のタイトルに書いてあります。言わんとすることはなんとなくわかるでしょう。おそらくこの商品を購入すると、福沢諭吉のうすっぺらい写真が10枚届いて終わりです。出品者はなにも嘘をついていないのでこれでは泣き寝入りするしかありません。

これが典型的な隠語詐欺です。クレジットカード現金化ができなくなり、ワラにでもすがる思いの人を騙そうという思惑が見え見えです。

この出品を参考にメルカリやヤフオクのちょっとおかしな商品を見分けるコツを紹介しましょう。

 

  • カテゴリがおかしい

上の諭吉9枚の出品を見てみると、カテゴリが「その他」になっています。もしも出品した商品のカテゴリがおかしいと、購入者に反論の余地ができてしまいますよね。

カテゴリを「その他」とごまかすことで、商品の内容をぼかしているのです。

 

  • 質問に対する答えがあいまい

カテゴリがおかしいな、と思ったらすぐに質問してみましょう。これは隠語だけでなく。普通の商品にも言えることです。洋服の出品なのにカテゴリがその他になっていたら、コメント欄で質問してみましょう。

 

もしも、ちゃんとした出品者なら必ずはっきりと謝ってくれるはずです。

逆にもしも「記載されている通りです」と返ってきたら要注意です。

 

  • 写真が表示されていない

もしも写真に写っているものが送られてこないならばそれは立派な詐欺になってしまします。隠語に理解がある方のみ、と語り関係のない画像やあいまいな画像を載せている場合は要注意です。

上の例ではなぜか、全く関係のない海の写真が表示されています。

 

  • 商品が不自然に安い

メルカリだけでなく、アマゾンを見ると、発売からあまり時間がたっていないのにあまりにも安く売られているケースがあります。普通に考えれば買ってからすぐ売るのですから転売目的なのに、定価より安いのはおかしいですよね。

上の例では、メルカリの販売手数料を考えれば明らかにおかしいとわかります。メルカリの売買手数料は10%なので、残りの9割が出品者に入るとすると9万円より少なくなってしまい、出品者には何もメリットはありません。この証拠をもって詐欺だと断定できます。

近頃、購入者の個人情報を抜き取って、「在庫がなくなった」と言って注文をキャンセルする手口がアマゾンで多発しています。

 

メルカリでは発送通知が出されてから7日経ち、メッセージのやりとりもなく72時間が経過すると強制的に取引が成立したことにされてしまうため、そのことを悪用し、初めから商品を送る気がない出品者もいるようです。

例え評価がよくても、詐欺師同士で評価をつけあっているケースも聞きます。出品者の評価を見るときは、評価の数字だけではなく、あまりにもコメントがワンパターン過ぎないか、コメントが全くないものがあまりにも多くないか、しっかりチェックしましょう。






全般ランキング

関連記事

  1. ネカマ ネカマ歴10年のベテランに聞いた ネカマを見抜く方法とは
  2. 在宅ライターを狙った悪徳業者の詐欺の手口 その1
  3. amazonギフト券の手渡しは危険です ギフトカードの購入の際…
  4. パスワード 絶対詐欺に遭わないパスワードの作り方14選
  5. グルメンピックだけではない 世界各地でおこる出店料詐欺の実態
  6. ネットカフェで使える防犯対策のまとめ
  7. やるやる詐欺 やるやる詐欺をする人が絶対に成功できない理由とは
  8. 名義を貸してしまう大学生が急増中

常識のウソ

  1. プログラミング
  2. ショートカット

新種の詐欺

「ロト6の当選番号教えます」 近年増加する4種類の宝くじ詐欺 

宝くじ専用のソフトを売る時代は終わった「宝くじ詐欺」という詐欺をご存知でしょうか。簡単にいえば、…

フェイクニュース フェイクニュースの拡散 悪いのは誰? 見分け方は?

フェイクニュースとはフェイクニュースという言葉をよく聞くようになりました。定義はいろいろあります…

RETRIPは嘘だらけ?キュレーションサイトの7つの大罪

キュレーションサイトの光と闇welqの医療に関する偽デタラメな記事が検索上位を独占していた問題が…

遺書 あなたの遺言は大丈夫?弁護士の恐ろしい裏ビジネス

兄に遺言を操作され20年の歳月を失った女性先日、うちの事務所に相談にいらっしゃった女性がなかなか…

最新の悪徳な客引きの実態 キャッチは全て嘘と思え

あの手この手で法の網をかいくぐる客引きたち東京の繁華街を歩けば一度は客引きに勧誘を受けることでし…

寸借詐欺とは? 撃退、対処法を徹底解説します

寸借詐欺とは寸借詐欺とは人の善意につけこんで少額のお金を借りるふりをして、そのまま返さずだまし取…

若者を蝕む「やりがい搾取脳」の恐怖と実態

やりがい搾取とはやりがい搾取とは簡単に言えば、「経営者が労働者にやりがいという報酬を与えるかわりに…

疑似相関の事例と4つの見抜くポイント

疑似相関とは「疑似相関」は統計学でよく使われる言葉です。言葉で説明すると「因果関係のない2つの事象…

ショートカット ショートカットキーを語呂で覚える画期的なコツと方法

ショートカットキーを語呂で覚えようパソコンの便利なショートカットキーは頻繁にPCを使う人なら自然と覚…

青春18切符は本当にお得?実は損してる間違った節約術50選

その節約、逆効果になっていませんか?いつの時代でも、人はいかに節約するかということは共通の大きな…

PAGE TOP