;

転職のススメ

2024年、人を大切にしない会社は社員もろとも沈みゆく 人を大切にする会社の10の事例

Pocket

我慢して働き続ける人は日本にとって迷惑な存在

昔から日本では、何事も我慢しろ、石の上にも三年だという俗説がまかり通っています。しかしそれは単なる思考停止ではないでしょうか。その精神がブラック企業を延命させ、さらなる被害者を生んでしまうという悪循環を生んでいます。もし労働者が全員ブラック企業に歯向かう意思があるならば、経営者は労働者を適切に評価し、労働者を大切にする会社だけが生き残ります。それが市場原理というものです。

逆に一生懸命思考停止で、搾取され続ける人は、労働市場の流動性を歪め、日本の労働環境を悪化させている、迷惑な存在だと思っています。もちろん一人一人の影響は小さくてもそんな人が何百万人といれば、大きな力となります。

たった一ヶ月で30代が体育会系超絶ブラックから超絶ホワイト企業に転職

しかし自分は初めからそんな考えだった訳ではありません。ブラック綺語も決して珍しいことではなく当たり前、日本人なら我慢して当然なのだと思っていました。ブラック企業で薄給で長時間働かせられ、有給も取れずに休日出勤をしている普通のサラリーマンでした。ところが知り合いに進められた転職サイトを使ってたった一ヶ月で、中堅のホワイト企業に就職できたのです。

転職なんてものは思ったより40倍くらい簡単だったと今となって感じます。多くの実業家が「会社を買うのはコンビニでスイーツを買うくらい簡単」と言っています。コンビニでスイーツを買うとまではいかないでしょうが、転職はニトリで家具を買うくらい簡単だというのは率直な感想でした。(もちろん正しいやり方を知らずに、ロレックスを買うくらいハードモードにしている人もいますが)

私は決してスキルや学歴も人脈もない31歳です。前職では給料が10年間19万円で据え置かれていました。

上司からのパワハラもひどく、地震がおきたり、インフルエンザにかかったり、葬式に行かなくてはいけないときでも、「這ってでも出社しろ」と言われ、最悪の事態を招いたこともありました。

ちまたで話題のワークライフバランスという風潮はまったくありませんでした。「プライベートのために仕事をしている」のではなく「働くために生きる」という言葉がぴったりでした。自分が生きる意味を失いかなり追い込まれていたと今振り返ると思います。

だから今上司からのパワハラや残業で、追い込まれている人、死のうと考えるような人の気持ちが痛いほどわかります。

そんな私でも企業を選り好みして無事転職が決まりました。給料も上がり、ボーナスも残業代も出て、休日出勤はなく、有給が取れて、手当てももらえる。そんな会社でした。最近では週休3日を導入しだしたのでびっくりです。最近はこういうところも増えているみたいですね。

しかし!ホワイト企業の特徴はその目に見える待遇のよさだけではありませんでした。私が以前思い浮かべていたホワイト企業像にはなかった数々のカルチャーショックが存在しました。ブラック企業では当たり前だったものがホワイト企業では当たり前ではありません。逆もしかりです。

そんな私がホワイト企業に勤めて感じた10のカルチャーショックを画像で紹介します。

1 雨で遅延したときの対応

2 大雪が降ったときの違い

3 急に病気になったときの違い

4 始業時間の考え方の違い

5 昼休みのとり方の違い

6 ホワイト企業なら仕事の仕方は自由

7 会社で必要な備品の違い

8 朝早く行ったら、生産性が落ちる?

9 取引先に行って定時が過ぎたとき

10 一番の違いは日曜日の夜

やはり一番大きな違いは日曜日の夜でしょうか。日曜日の夜に憂鬱になることをサザエさん症候群というらしいです。僕は昔がっつりそれでした。せっかくの休みも何もやる気がおきずに一日中寝ていました。スキルを身につけて副業とかも考えられませんでした。それでも今こうしてホワイト企業に勤められているのでとても幸せです。こんなスキルもない私を雇ってくれた私を雇ってくれた会社があって奇跡だと思いました。不思議に思って面接をした人事に聞いてみました。なぜ私が採用されたのか。

 

すると、、、「人がとにかく来ないから」と彼は答えました。売り手市場で人手不足のため年齢に関係なく人柄で採用しているとのことです。中には43歳の未経験で入社したという人も。正直びっくりしました。中堅とはいえそこそこの知名度と売り上げがあって、しかも人気の業界で週休3日なのにこの人手不足なんだなと。世の中みんなこの会社受ければいいのに・・・と正直思います。さすがに会社名は教えられないので使った転職サイトを特別に教えましょう。



転職口コミサイトは多くありますが、その中でもキャリコネは口コミの量、質、ともに群を抜いています。ほかのサイトに比べて登録が煩雑で審査も厳しい分、信頼できる口コミが並んでいます。社内の人間関係や恋愛に関する情報など得られるので、転職でこれほど役に立つものはありません。

キャリコネは『クチコミによる企業研究やキャリアコンサルタントと深い情報交換ができる』点で、他の転職エージェントとは異なります。赤裸々に語られた情報は読み物としても面白いものが多いと感じます。顧客満足度の高さでも業界では有名なんですよ。SNSやGoogleのアカウントで登録できるので、面倒臭いメールアドレスの認証がいらないのも嬉しいですね。

あまり人には教えたくないんですが、ここに載せておいてもいざ実行に移せるのは100人に1くらいだと思いますから 笑ブラック勤めなら登録しといていいんじゃないですか。もしかしたら僕みたいに一ヶ月でホワイトにいけるかも。

キャリコネの詳しい情報はこの茶色いリンクから

                                                         

関連記事

  1. プログラミング 無料の悪徳プログラミングスクールに騙されないために
  2. ネカマ ネカマ歴10年のベテランに聞いた ネカマを見抜く方法とは
  3. 世の中に合法的な金の稼ぎ方は7種類しかありません
  4. 免許証 免許証の偽造を素人でも見抜ける10の鉄則
  5. マッチポンプ商法とは? 掲示板を使った自作自演の詐欺
  6. 還付金詐欺の手口から対策まで1からわかりやすく説明!
  7. 近年の街コンの実態 頻繁におきる悪徳業者による詐欺
  8. クレジットマスター クレジットマスターの詐欺被害はまだ止まらない 手口と対策とは

常識のウソ

  1. フェイクニュース
  2. 警察
  3. 非合理的
  4. ドラフト会議
  5. 遺書
  6. プログラミング

新種の詐欺

寸借詐欺とは? 撃退、対処法を徹底解説します

寸借詐欺とは寸借詐欺とは人の善意につけこんで少額のお金を借りるふりをして、そのまま返さずだまし取…

カウンセリング 楽してボロ儲け? エセカウンセラーのひどすぎる実態

心理カウンセラーは誰でも名乗れる不景気、リストラ、いじめ、ブラック企業、子供の貧困、こうした世の…

遺書 あなたの遺言は大丈夫?弁護士の恐ろしい裏ビジネス

兄に遺言を操作され20年の歳月を失った女性先日、うちの事務所に相談にいらっしゃった女性がなかなか…

RETRIPの横暴を許すな 記事がどのくらいひどいか具体的に検証

 旅行サイトは嘘ばかりという理不尽な現実知らない土地に旅行に行くときに検索エンジンを使っておすす…

疑似相関の事例と4つの見抜くポイント

疑似相関とは「疑似相関」は統計学でよく使われる言葉です。言葉で説明すると「因果関係のない2つの事象が…

「継続は力なり」が嘘になる時代が来るかもしれない

いつの時代も「継続は力なり」は変わらなかった「継続は力なり」という言葉は典型的な教訓として親や先…

同調圧力に騙される日本人の悲惨な末路

日本人の同調圧力は異常日本で生活していくうえで避けて通れないのが「同調圧力」の存在です。同調圧力…

ドラフト会議 ドラフト会議の指名順位と活躍の相関を数学的に分析した結果

ドラフトの指名順位はどのくらい重要なのかプロ野球の新人選手選択会議(以下 ドラフト会議)が10月…

最新の悪徳な客引きの実態 キャッチは全て嘘と思え

あの手この手で法の網をかいくぐる客引きたち東京の繁華街を歩けば一度は客引きに勧誘を受けることでし…

ネカマ ネカマ歴10年のベテランに聞いた ネカマを見抜く方法とは

ネカマ歴10年のベテランとの接触に成功「ネカマ」という言葉を聞いたことのある人は…

PAGE TOP