;

常識のウソ

専門職なら高収入は嘘 保育士の給料はなぜ上がらない

Pocket

これからの時代を生きるために専門性を身に着けるだけではだめ

「AIの浸透により単純労働者は駆逐される」

「高い専門性と技術を持った人こそが生き残る」

という文言を最近聞くようになりました。これは別に近年になって急に現れた言葉ではなく、30年以上も前から言われています。将来のことはわからないのだから専門性を備えておけというのは、いつの時代も言われてきた言葉です。

少し前にホリエモン(堀江貴文氏)が「保育士は誰でもできる仕事だからどうしても給料は上がらない」という発言をして炎上しました。彼はその2年前にも「介護士は誰でもできる仕事だから、単価は残念ながらなかなか上がらない」と発言しています。

保育士や介護士は仕事をこなすのは大変ですが、職につくのはそこまで難しくありません。しかし原因はそれだけではないのです。

専門職が高給であり続けるための条件

専門職がすべて高級であれば低収入にあえぐ介護士や保育士、弁護士はいないはずです。しかし現実に多数存在しているのが事実。一体どこに原因があるのでしょうか。

専門職でお金が稼げるために必要なのはまず需要があることです。これは誰でも簡単にイメージできると思います。いくら高い技術を持っていてもお金を払う客がいなければどうにもなりません。

それにプラスアルファして以下の2つのうちどちらかを満たしている必要があります。

  1. 参入障壁が高いこと
  2. 正しく評価してくれる人がいること

保育士や介護士はどちらも満たしていないため、いくら頑張っても給料が上がらないのは至極当然なのです。

参入障壁が給料に大きく影響する

「誰でもできる仕事」と「誰でもなれる仕事」というのは違います。保育士や介護士は体力的にも精神的にも仕事内容は大変ですが、なるのはそこまで大変ではありません。ラーメン屋だって長く人気を維持するのは難しいですが、参入するのはかなり容易です。よほどよい戦略や差別化を考えなければ価格競争に陥ります。

その反対を言っているのがテレビ局です。なぜテレビ局の人がかなりの高給か考えたことはありますか。アナウンサーでもなければ特別な技術もいりません。就職希望者はいくらでもいるのですから、給料を下げても人は集まるはずです。

原因は放送法によって権益が守られているからです。地上波では数局による寡占状態が続き、それにあぐらをかいてもしっかりとした利益を得ています。テレビ局は参入障壁があまりにも高いので給料が高くなる典型的な例といえます。

参入障壁という意味では国内の日本人だけを考えるのは早計です。外国人でもできるのではないか、AIやソフトで自動化できるのではないかを常に考える必要があります。

仕事が正しく給料に反映されるには

参入障壁が低い業界にも高給取りは多数存在します。プログラマーは誰でもできる仕事ですが、そのトップと底辺の収入格差は相当なものです。プログラマーはコードという客観的に能力が証明できるので、評価がつきやすいのです。

保育や介護、教育にはある共通点があります。それはサービスを受ける人とお金を払う人が違うということです。いくら客に良いサービスを提供しても-、お金を払う人に認めてもらわなければ高収入は実現できません。保育や教育は子供相手、介護は頭のボケた老人相手ですから正しく評価されるという方が大変です。林修先生があれだけ評価されたのも「優秀な東大受験生を相手にしていた」からこそです。

客観的な指標がないのが原因で正しく評価されないという場合も多いですね。著名な作家や芸術家でも、生前は評価されなかったという話も珍しくありません。保育士や介護士は客観的な数字で評価しにくいというのも給料が上がらない原因の一つといえます。

インターネットの普及により人が評価をされやすくなったのは確かです。音楽をYoutubeで流したりプログラマーがコードを公開したり、無名なスポーツ選手が動画の力でドラフト候補に成り上がれる時代になりました。それでも保育士や介護士の仕事は、内容面から多くの人に見てもらうのは困難です。

時代は専門家<起業

大金を得たければ、参入障壁が高く、正しく評価されて、需要のある仕事をやればいいのです。ここに必ずしも専門性入りません。専門知識などあくまでプラスアルファにすぎません。

そんな仕事や方法があるのか、と言われればそれは一つだけ思いつきます。ずばり起業です。

起業は本来誰でも簡単にできるものなのに、それをしようとする人はかなり少数派です。難しく考えすぎて一歩を踏み出せない人が多いのです。「起業は難しい」と勘違いをする人が多ければ多いほどライバルが減ります。

起業すれば評価はダイレクトについてきます。B to Cの商売なら売上がそのまま評価として返ってきます。あとは需要のある分野さえ選んでおけば意外と何とかなります。本当です。ホリエモンも同じことを言っているのですが、起業家は基本的にぶっ飛んだ天才もしくは馬鹿です。馬鹿はビジョンと方向性を示し、下に優秀な部下がいます

「リスクをとること」というのは誰でもできそうで、最もできないことです。リスクをとるという一歩を踏み出すだけで、どんな専門知識よりも差別化になります。「自分は頭が悪いけどお金がほしい」という人は変に専門家になろうとせず、起業をすべきなのです。

関連記事

  1. 下積み原理主義の時代は終わった。短期間で効率よく学ぼう
  2. エイプリルフールの起源はBBCの企業戦略だった ?
  3. 大学入試は何のため?18歳を襲う残酷な情報格差と貧困問題
  4. 人工知能で医者の社会的地位は低下する
  5. 食べ物に関する勘違い 大阪人よりたこ焼きをたべる県民は?
  6. 浪人すると生涯収入は減るの?浪人の体験談とメリット、デメリット
  7. 人工知能で単純労働がなくなるのは嘘 無くなる仕事は・・・
  8. ネカマ OJTの意味を勘違いしていませんか? 放置と教育の違い

常識のウソ

  1. 警察
  2. やるやる詐欺
  3. ネカマ
  4. プログラミング

新種の詐欺

最新の悪徳な客引きの実態 キャッチは全て嘘と思え

あの手この手で法の網をかいくぐる客引きたち東京の繁華街を歩けば一度は客引きに勧誘を受けることでし…

ファーミングとは? 怪しいメールに今すぐご用心

フィッシング詐欺とはネット上の詐欺の中でも手法を変えながら長く生き残っている代表的なものにフィッ…

遺書 あなたの遺言は大丈夫?弁護士の恐ろしい裏ビジネス

兄に遺言を操作され20年の歳月を失った女性先日、うちの事務所に相談にいらっしゃった女性がなかなか…

若者を蝕む「やりがい搾取脳」の恐怖と実態

やりがい搾取とはやりがい搾取とは簡単に言えば、「経営者が労働者にやりがいという報酬を与えるかわりに…

青春18切符は本当にお得?実は損してる間違った節約術50選

その節約、逆効果になっていませんか?いつの時代でも、人はいかに節約するかということは共通の大きな…

ネカマ ネカマ歴10年のベテランに聞いた ネカマを見抜く方法とは

ネカマ歴10年のベテランとの接触に成功「ネカマ」という言葉を聞いたことのある人は…

バイナリーオプションは危険?安全?評判は?

バイナリーオプションとは大金がなくても少額から始められる投資としてバイナリーオプションが3年前頃…

ドラフト会議 ドラフト会議の指名順位と活躍の相関を数学的に分析した結果

ドラフトの指名順位はどのくらい重要なのかプロ野球の新人選手選択会議(以下 ドラフト会議)が10月…

プログラミング 無料の悪徳プログラミングスクールに騙されないために

プログラミングが重要だといわれる風潮の中で流行するビジネスモデル人工知能だ機械学習だ自動化だなどと…

ネット上の無料占いはあなたの個人情報を確実に盗んでいく

個人情報を得る最後の手段、それは占いインターネット上で手軽に無料占いができる時代になりました。占…

PAGE TOP